食品物流
(冷凍、冷蔵、定温、常温)

食品(冷凍・冷蔵・定温・常温)の物流について、
下記の様な課題はありませんか?

物流代行を検討するタイミング

◆下記の内いずれか一つでも当てはまる方は、物流代行をご検討すべき状態に差し掛かっています。

月間出荷件数が1,000件以上
前年比の売上が50%UP以上
繁忙期には出荷対応に遅延が発生してしまう
温度制限で置くスペースがなく、複数倉庫を借りている。

よくある課題

繁閑の差が激しく、人員の管理が難しい
注文数が多い時は、出荷が間に合わない時がある
倉庫のキャパシティーが不足してきている
賞味期限管理が出来ていない
冷蔵・冷凍も展開していきたいが、環境がない

改善事例

最適な運用設計にて作業効率化とコスト最適化を実現

  • 「繁閑の差が激しく人員の管理が難しい」通販事業者様
  • 「注文数が多い時は、出荷が間に合わない時がある」といった通販事業者様のお悩みを解決
倉庫では十分な人員を確保していますので、ご委託頂いているセンター内にて、繁閑の差は吸収する事が可能です。万が一、センター内で吸収が難しい場合にも、15km圏内に複数の大型センターを構えていますので、忙しいセンターに人員の応援を出し、会社全体として出荷の対応を致します。また、お客様毎に最適な出荷の運用設計を行いますので、作業効率化が図れ、多くの出荷数をこなす事ができ、作業コストも抑えられます。

関東・関西で7つの物流センター

  • 「倉庫のキャパシティーが不足してきている」通販事業者様のお悩みを解決

マスクグループ 183
弊社では、関東・関西で7つのセンターを有し、延床面積4万6000坪の広大なスペースをご用意しております。そのため、受注数の増加に伴う、倉庫在庫のキャパシティーオーバーへの不安を解消することできます。 また、保管費はご利用いただいたスペースでのご請求となる為、余分な保管費用が掛かりません。

自社独自のWMSにて賞味期限を管理

  • 「賞味期限管理が出来ていない」通販事業者様のお悩みを解決

自社独自のWMSにて賞味期限管理可
弊社では、自社開発の倉庫管理システム(WMS)を運用に活用しています。WMSでは、賞味期限管理を行えますので、特に指示がなくても、古い期日の商品から先に出荷したり、誰にどの賞味期限の商品を出荷したかの履歴が見れたり、賞味期限の管理が可能です。商品毎に納品許容日数を設定すれば、期日の近い商品を出荷してしまう事も防ぎます。

常温・冷凍・冷蔵の3温度帯にも対応可能

  • 「冷蔵・冷凍も展開していきたいが、環境がない」通販事業者様のお悩みを解決

食品系の物流業務は、他の商材よりもはるかに高度な品質管理が求められます。特に食品系の商材にとって、温度管理はコントロールが難しく、倉庫によっては温度帯で扱える範囲に制限があります。 弊社では、常温・冷蔵品・冷凍品の3温度帯に対応が可能のため、幅広い商材を取り扱いするできます。

お見積りから運用開始までの流れ

お見積りから運用開始まで

食品、飲料の事例

物流受託社数、国内トップクラス
物流のことなら、イー・ロジットにおまかせください。

お電話でのお問い合わせはこちら
(平日9:00~18:00)
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
物流費用の試算はこちらから